CSR情報

CSRマネジメント

日立金属グループのCSR

日立金属は、1956年10月に日立製作所から分離独立して以来、「『最良の会社』を具現して社会に貢献する」という「経営理念」のもとに、高い技術力をもって社会の課題解決に取り組んできました。

そして「事業活動において利潤を追求するだけでなく、さまざまなステークホルダーの要請に応え、社会の発展に貢献する」というCSR経営は、日立金属の経営理念にある考え方にまさに符合するものです。日立金属グループのCSRの原点は、分離独立以来掲げ、実践し続けてきた「経営理念」にあります。
日立金属グループは経営理念を原点として、本業を通じて社会に貢献することを基本方針としてCSR活動を推進しています。