日立金属トップページ > 特殊鋼ってなに? > 鋼(はがね)ってなんだろう?

(はがね)ってなんだろう?

(はがね)ってなんだろう?

「鋼」は、鋳鉄(ちゅうてつ)に比べて伸びやすいため加工しやすくしかも強い性質を持っているんだよ。炭素の含有量(がんゆうりょう)は0.02〜2.1%で、弾性(だんせい)があり、じょうぶで、のばして板にしたり、針金にしたりすることもできるし、缶ジュースの缶もこの「鋼」でできているんだ(アルミ缶もあるけどね)。それと、刃物の意味もあって熱処理(ねつしょり)で硬(かた)くできるんだ。ここが、硬くすることができない純鉄(じゅんてつ)との違いなんだ。

鋼には炭素(C)のほかに珪素(Si)、マンガン(Mn)、リン(P)、イオウ(S)という元素が含まれているんだけど、これを鋼の「五大元素」と呼ぶことがあるんだよ。

五大元素が入っただけの「鋼」も炭素鋼(たんそこう)または普通鋼(ふつうこう)と言い、その他の元素が入って、特殊な性質をしめすようになったものを「特殊鋼」って言うんだ。


← Page Back

↑ Page Top