ガスタービン部品材:低熱膨張超耐熱合金HRA929 ガスタービン部品材:低熱膨張超耐熱合金HRA929

ガスタービン
部品材:
低熱膨張超耐熱合金
HRA929

重要なお知らせ

本ホームページに記載されている製品情報は、製品概要です。
採用にあたっては、必ず担当部署にお問合せの上、詳細な資料等をご請求ください。

概要

一般に低い熱膨張係数を有する材料としては、Fe-36Niからなるインバー合金やFe29Ni-17Coからなるコバール合金が知られています。しかしながらこれらの合金は強度があまり高くないため、高い応力がかかる部品、あるいは高温にさらされる部品には適用できませんでした。 HRA929 は合金設計手法を用いて開発された合金で、低い熱膨張係数に加えγ' 相の析出強化を利用することで約650℃までの温度で高い強度を有し、さらに優れた組織安定性と延性を兼ね備えた合金です。

特長

なお、従来のγ' 析出強化型低膨張合金であるAlloy903 、Alloy909 と比較すると、HRA929 はさらに熱膨張係数が低く、クリープラプチャー切欠き感受性、組織安定性が改良されています。

用途

こうした特長を活かし、セラミックあるいはガラスと接合され、常温あるいは高温で高い強度が要求される各種部品や、高温で小さいクリアランスが要求されるガスタービン等の部品に適用が可能です。

お問い合わせはこちら

個人情報保護方針

関連リンク

自動車関連分野の製品一覧を見る