燃料電池(SOFC)用 金属インターコネクタ材 ZMG232G10 燃料電池(SOFC)用 金属インターコネクタ材 ZMG232G10

燃料電池(SOFC)用
金属インターコネクタ材
ZMG®232G10

概要

酸化物固体電解質型燃料電池(SOFC)は、高効率の高温作動(約650~900℃)燃料電池として注目されています。

■SOFC用金属インターコネクタ材(セパレータ材とも言う)には、以下の特性が必要とされています。

■従来、高温で使用される金属材料には、以下の問題がありました。

ZMG®232G10はこれら要求特性を兼備すると同時にCr蒸発を抑制させるよう成分設計を行って開発した、Fe-24Crを主成分として微量元素を添加したフェライト系合金からなるSOFC用金属インターコネクタ材です。

在庫供給体制

日立金属(株)では、お客様の研究開発用途に対応するためZMG®232G10 素材を常備し、即納致します。

[在庫寸法]
厚さ(mm) 幅(mm) 全長(mm)
0.1 300 600
0.3 300 600
0.5 300 600
1 300 600
2 300 600
3 300 600
15 300 1000

燃料電池関連部材の販売

日立金属Gr.の各製品(耐熱耐食合金、SOFC向けクラッド材等)に つきましても、取り扱い致します。
また、商社機能を生かし、素材の加工(プレス、エッチング、網)、表面処理まで承ります。

  • 加工例 : プレス成形品

    加工例 : プレス成形品

  • 加工例 : エッチング品

    加工例 : エッチング品

  • 加工例 : 網(エキスパンドメタル)品

    加工例 : 網(エキスパン
    ドメタル)品

製品カタログ(PDFファイル)

お問い合わせはこちら

個人情報保護方針

関連リンク

自動車関連分野の製品一覧を見る