ソフレックス®についてのQ&A

1. フレキ管およびフレキ管継手はJIS適合品ですか?
フレキ管およびフレキ管継手に該当するJISはありません。
都市ガス用配管には(一社)日本ガス協会が作成した「ガス用ステンレス鋼フレキシブル管(フレキ管)標準仕様書」があり、LPガス用配管には高圧ガス保安協会が作成した「液化石油ガス配管用フレキ管(フレキ管継手を含む。)基準」があります。
弊社フレキ管及びフレキ管継手は、おのおのに適合しています。
2. フレキ管の被覆は不燃材料でしょうか?
フレキ管の被覆材は不燃材料ではありません。
難燃性については、(一社)日本ガス協会が作成した「ガス用ステンレス鋼フレキシブル管(フレキ管)標準仕様書」 に従い確認しております。
3. 都市ガス用配管のフレキ管およびフレキ管継手をLPガス用配管に使用できますか?
都市ガス用配管のフレキ管およびフレキ管継手をLPガス用配管には使用しないでください。
LPガス用配管としてLIAにて自主検査を受検しており、その合格製品には「LIA」の表示をしております。LPガス用配管には、「LIA」の表示をしたLPガス用をご使用ください。
4. 防火区画貫通配管に伴う(一財)日本消防設備安全センターの評定証票(FESCマーク)の交付申込先はどこでしょうか?
弊社製品の場合は、LPガス用は(一社)日本エルピーガス供給機器工業会(JLIA)に、都市ガス用は(一社)日本ガス協会(JGA)にそれぞれお申し込みください。
5. フレキ管の直接埋設は可能ですか?
フレキ管の直接埋設は行わないでください。
直床工法のスラブ埋込部、後打ちコンクリート内及び土中に配管を行う場合は、さや管を使用してください。屋外さや管の管端露出部には、フレキ管とさや管の隙間に雨水が入らないようにフレキ防滴カバーを使用してください。
防火区画を貫通させる場合には、性能評定で規定された工法で行なってください。 詳細は、LPガス用配管の場合、高圧ガス保安協会編集の「液化石油ガス配管用フレキ管施工マニュアル」に、従って施工してください。なお、フレキ管の壁貫通部施工方法として、既存評定に加え、以下①~③の条件についても平成23年11月30日付けで、性能評定を取得しています。
詳しくは弊社までお問い合わせください。
  • ①壁厚100mm未満のコンクリート壁
  • ②ALC(軽量気泡コンクリート壁)
  • ③中空壁
また、都市ガス用配管の場合、各ガス事業者様の施工要領書に従ってください。
6. 燃焼機器にフレキ管を直接接続してもよいでしょうか?
燃焼機器にフレキ管を直接接続することは、できません。
フレキ管は末端閉止栓(ガス栓)までの配管材料です。ガス栓と燃焼機器との接続は燃焼機器の種類を考慮して、適切な材料で行なってください。ただし常設形ガス機器へのフレキ配管に限って、直接ガス機器に接続できる機器接続ガス栓を使用することができます。
なお、常設形ガス機器に機器接続ガス栓を使用する場合でも、振動が発生する場合や外力が加わる可能性がある場合には、フレキ管を使用しないでください。
7. 浴室内に設置の風呂釜や浴室下部にフレキ管を露出配管で施工してもよいでしょうか?
フレキ管・継手を含め、浴室内や浴室下部での露出配管は使用しないでください。
湯水又は洗剤などがかかリ、さらにはカビ取り剤を使用されることも有りますので、さや管などを用いて洗剤等が接触しないよう二重配管としてください。
8. 業務用厨房内にフレキ管を露出配管で施工してもよいでしょうか?
外力による影響または熱、水、洗剤などの影響をうけない場所に配管してください。
やむを得ず、水や洗剤が付着する可能性がある場合には、さや管などを用いて洗剤等が接触しないよう二重配管としてください。
9. 屋外(外壁)フレキ配管の美観を向上させるにはどのようにしたらよいでしょうか?
屋内配管と同様に配管ケースをご使用ください。
10. ガスメータの1次側にフレキ管を配管してもよいでしょうか。
LPガス用配管の場合、いたずら等による事故防止や外力による損傷防止の観点から、パイプシャフト内や容器収納庫など鍵のかかる隠ぺい部以外には使用しないでください。
都市ガス用配管の場合、各ガス事業者様の施工要領書に従ってください。 外力による影響または熱、水、洗剤などの影響をうけない場所に配管してください。

お問い合わせはこちら

個人情報保護方針

関連リンク

自動車関連分野の製品一覧を見る