排水鋼管用可とう継手についてのQ&A

1. ポンプ圧送排水を行う際にどの継手を使用すればよいでしょうか?
カタログ別ウィンドウに記載しております専用継手(ロックエース及び専用本体)をご使用ください。ポンプアップの最高使用圧力0.35MPa以下でご使用できます。
2. 排水用鋳鉄管との接合について教えてください
排水鋳鉄管用アダプター(CDCIP)を使用し必ず排水用鋳鉄管が上流側となるよう接続してください。下流側に接続すると管内径が継手内径より小さいため「つまり」の原因になります。
3. CDユニオンの使用方法について教えてください
管のスライドが可能となっていますので突合せ配管を行う際に使用します。必ずMDパッキンセットをご使用ください。CDパッキンセットはご使用できません。なお、ご使用の際はユニオン内部に接続する管と同径の短管を挿入し継手内部に段差ができないようにしてください。
4. COSとCOSTの違いや使用方法について教えてください
COSは点検や掃除(高圧洗浄など)を実施する際の挿入口として使用するのに対し、COSTは満水テストを実施するためのテスターを設置する挿入口として使用します。
なお、COSTの場合、接続に際し方向性があります。上流側の接続は必ずMDパッキンセットをご使用ください。下流側は、MD/CDいずれのパッキンセットでもご使用できます。
5. CDパッキンセットを使用する際にクッション部に液状シリコンを塗布する目的は何ですか?
パイプ端面と内面ライニング鋼管の防食が目的です。
6. COSTを使用する場合の設置位置及び使用する満水テスターについて教えてください
当社のMD施工マニュアルに満水テスターの設置位置については記載しておりますのでそちらをご確認ください。また、使用する満水テスターについては必ず当社品をご使用ください。
他社品はご使用できません。
7. MD継手を使用して片側で閉止させる場合の方法を教えてください
CO栓(CDP)を用いることで閉止できます。
8. VSTに使われるパッキンを交換する場合どのパッキンを使えばよいでしょうか?
専用のパッキンになります。部品単位で販売いたしておりますので当社営業へご連絡ください。
9. 鉛管との接続方法について教えてください
鉛管接続部品(CDZ)を使用することで接続が可能です。接続手順についてはカタログ別ウィンドウに記載しておりますのでご参照ください。
10. 厚肉厚膜CDジョイントを接続する際は専用のパッキンセットが必要ですか?
一般のCDジョイントに使用するCDパッキンセットをご使用ください。
11. 塩ビ管を接続する場合の抜け止め機能付パッキンセットは何を使用すればよいでしょうか?
MDパッキンセットとCDパッキンセットが対応していますが、塩ビ管に対して引抜け阻止力を保有しておりません。配管を支持固定することでご対応ください。
12. 他社製MD継手に日立金属製のパッキンセットをもしくは日立金属製のMD継手に他社製のパッキンセットを使用できますか?
継手とパッキンセットは同一メーカー品をご使用ください。
13. 雨水用の塩ビ配管にMDを使いたいのですが、何故LD、LK共に塩ビ管に接続できないのでしょうか?
塩ビ管をロックリングの刃で損傷する可能性があるためです。
14. MDパッキンとCDパッキンの違いを教えてください
MDパッキンはロックリング付きとなります。CDパッキンはロックリングが無く先端にクッション部があります。いずれも日本金属継手協会規格「MDJ002」に適合しておりますので公共建築物にご使用いただけます。
15. MD/CD継手に上塗り塗装を施したい場合は、どの様な塗料を使用すればよいでしょうか?
フタル酸樹脂系塗料又はウレタン系樹脂塗料をご使用ください。ラッカー系塗料は塗膜が剥離しやすいため、ご使用は控えてください。
16. MD/CDで厨房用の特殊コーティングした継手はありますか?
特殊コーティングしたものはありません。
17. MD/CD施工時において、管端の防食処理について適切な方法を教えてください
国土交通省「機械工事共通仕様書」に適合する場合は、管端防食処理として、エポキシ塗料を塗布する、となっておりますので、日本ヘルメチックスの「ヘルメシールNo.30V」を塗布してください。
民間建築物の場合で、工事仕様書に特に記載無き場合は、MDはヘルメシールNo.30Vを、CDはヘルメシールNo.30V又はシリコンシーラントのどちらかを塗布してください。
18. 排水配管の漏れ検査はどのように行いますか?
一般的には各階毎に満水テスターで止水し、管路に水を満たし各継手部より漏れの無いことを検査します。
19. CDP(CO栓)を他メーカーの継手本体に使用可能ですか?
使用可能です。継手本体はJPF MDJ-002にて規定されており、各社共通です。
20. MDを地下ピット部に配管したが、ボルト・ナットは錆びないか?
MDに使用しているボルト・ナットは鋼製で表面処理を施したものですので、錆びることがあります。
21. MDパッキンの伸縮量はどれだけですか?
MDパッキンでは伸縮を吸収できませんので、継手施工時に管と継手の間にスキマを3mm開けてください。CDパッキンをご使用いただければスキマを設ける必要はありません。

お問い合わせはこちら

個人情報保護方針

関連リンク