日立金属トップページ > たたらの話 > ズク押し法

たたらとは

ズク押し法

ズク押し法の操業も大同小異です。ケラ押し法と比べ、ズク押し法は
(1)原料砂鉄に赤目砂鉄を用いること、
(2)羽口の位置が低く、傾斜を約1/2弱とし、炉底部全体に風がいきわたるようにしていること、
(3)炉底部傾斜を大きくしていること、
(4)木炭の装入後、砂鉄を入れること、
などが特徴です。そして、炉全体の温度を上げるようにしており、そのため炉の寿命が長く、四日押しが主だったことなどがケラ押し法と異なっています。

中国地方全体では山陰、山陽にわたってズク押し法のたたらが多く、また中国地方以外で行われた製鉄法もズク押し法でした。


砂鉄を採るために使われた道具類(和鋼博物館


← Page Back

↑ Page Top