日立金属トップページ > たたらの話 > 玉鋼と日本刀

たたらとは

玉鋼と日本刀

玉鋼は炭素量1〜1.5%の鋼で、刃物に最も適する化学組成をもっています。また、左下鉄は約0.7%の炭素量、包丁鉄は0.1〜0.3%の炭素量で展延性に富んだ組成をもっています。いずれも、その他の不純物元素の含有量が極めて低く、鉄鋼材料として極めて純粋な素材と言えます。
ただし、現在の鋼と比較した場合、酸素(O)を多く含む特徴があります。そのため、鋼中に含まれる鉄滓分(非金属介在物)は酸化物系介在物が多くなります。ところが、この酸化物系介在物は、一般の鋼の介在物と比較すると非常に軟らかく、伸び易い性質があり、折り返し鍛錬によって微細に分散して無害化というよりも、かえって日本刀を粘り強くしたり、微妙に綺麗な肌模様を形成したり、砥ぎ性を高める性質を付与します。
つまり、一般の鋼の非金属介在物は悪玉ですが、和鋼に多く散在する非金属介在物は、折り返し鍛錬によって地質を生きかえらす善玉の介在物なのです。その意味では、和鋼は現在の鋼に比べて、極めて純粋な地質を備えていると言えるでしょう。


玉鋼1級品(和鋼博物館


和鋼(たたら製鉄により製造された鋼)は今述べましたように、地質が極めて純粋ですから
  1.鍛接しやすい
  2.熱処理により硬く、曲がらず、粘り強くできる
  3.研磨しやすいので、良い刃付けが出来る
  4.錆びにくい
  5.焼き境が明瞭に出るので、日本刀で奇麗な刃文が付く
のような性質を持っています。だから日本刀はこの和鋼の性質を利用した最高の鋼製品と言うことができるのです。


← Page Back

↑ Page Top