日立金属トップページ > たたらの話 > 雲伯鉄鋼合資会社

ヤスキハガネとたたら

雲伯鉄鋼合資会社

明治時代になると各種の産業が興り、鉄鋼需要が急激に伸びたため、ヨーロッパ産の安い鉄鋼が輸入されるようになり、量産に向かないたたら製鉄は存亡の危機を迎えます。この危機に当たり、奥出雲や伯耆のたたら経営者など5名は、明治32年(1899年)、安来港に近い問屋街の一角に「雲伯鉄鋼合資会社」を設立し、たたら製品の製造販売を始めました。これが現在の日立金属安来工場の発祥です。

雲伯鉄鋼合資会社は、明治35年(1902年)にスチームハンマーを導入し、大正元年(1912年)にはるつぼ炉を完成させ、銑やケラを原料として刃物鋼の製造を開始します。大正2年(1913年)にはるつぼ製鋼でハイス(高速度工具鋼)の製造に成功し、さらに、この頃、電気炉溶解による合金鋼の製造研究や広島官営鉱山で小花冬吉が開発したシンタースメルティング法によるたたら鉄滓からの鉄の回収にも着手します。そして、大正4年(1915年)にはスタッサノ式電気炉を新設し、同5年(1916年)には日本で最初の電気炉によるハイスの製造に成功します。その後、第一次世界大戦による好景気にも支えられて電気炉、ハンマー、圧延機、錬鉄用丸型溶鉱炉、平炉などを増設ないし新設し、着々と鉄鋼メーカーとしての基礎を固めていきました。大正7年(1918年)には小花式小型高炉すなわち木炭銑角炉を建設し、真砂砂鉄を原料とする木炭銑の製造を開始しました。これにより、砂鉄系原料鉄の安定供給が可能となったわけです。

鳥上木炭銑工場

鳥上木炭銑工場


ちなみに、この角炉は昭和40年(1965年)まで稼働しましたが、1996年産業考古学会から「産業遺産」に指定され、さらに1997年文化財保護審議会で文化財建造物に登録されました。

← Page Back

↑ Page Top